レジットデザイン LEGITDESIGN ワイルドサイド WILD SIDE WSS-ST63MLST PowerFiness 1ピーススピニングロッド

2000006263

レジットデザイン LEGITDESIGN ワイルドサイド WILD SIDE WSS-ST63MLST PowerFiness 1ピーススピニングロッド (2000006263)

定価(税込)
¥31,860
販売価格(税込)
¥28,188
在庫状態 : 在庫有り
数量

商品詳細情報

WSS-ST63ML For Power Finesse

全長:191cm/自重:95g/先径:10.7mm/ルアー/1.3~7g/ライン:3~6lb(フロロ)、#0.6~1.5(PE)

◆ティップ

275mm,30ハードソリッドティップが繊細さと俊敏さを両立。PE対応でガイドとの相性も◎

WSS-63ML_tip

◆グリップ

繊細な誘いとパワーゲームを両立させるグリップ形状と長さを設定。

ST63-grip

スピニング2017年追加モデル

スピニング2017年追加モデル開発の背景

ワイルドサイドのスピニング追加モデルは常にテストされ、開発され続けています。2017年追加されるいずれの機種も初回ラインナップが完成される前から開発は始まっていました。リザーバー、琵琶湖、ハイランドレイク、対スモールマウスバスの全てにおいて必要とされるミドスト専用モデルは、アラミド繊維による全身補強によってのみもたらされる、しなやかさとトルクを最大限に引き出したワイルドサイドの特徴が最も活きるロッドになることは明白でした。そしてレジットデザインが世に問うた「ロッドの長さが変われば釣りの精度が変わる」という信念のもと開発されたショートレングスコンセプトのスピニング。やや強めのバーサタイルモデルとして開発されたこのロッドが加わることで、リザーバー+レンタルボートというスタイルに最適化されたラインナップが完成します。プロトモデルを駆使して北大祐がJBクラシック(亀山ダム)で準優勝を果たしました。
さらにリザーバーで欠かせないアプローチであるパワーフィネス。PEライン使用を想定し、敢えて食わせの間を作るハードソリッドティップを搭載。プロトモデルが北大祐をトップ50第2戦(野村ダム)の優勝に導きました。

スピニング2017年追加モデル共通コンセプト

今回追加される2機種はいずれもテクニック特化型。
ミドストはラインテンションを巧みにコントロールしながらリグを中層で泳がせるという、釣り方というよりも技術というべきメソッドです。
PEラインを使用したカバー攻略であるパワーフィネスはベイトフィネスではこなしきれない領域のカバー撃ちであり、これもアプローチ、誘い、フッキングからキャッチまでのやり取りなど、一連の動作には技術が必要です。技術には練習が不可欠であり、最適化した道具は上達の助けとなります。
追加される2機種は、アクションはもちろんのこと、ガイドセッティングやグリップ長にいたる全てを、「ロッドがアングラーの技術向上に貢献する」という明確なコンセプトを持って作り上げられています。