霞ヶ浦水系を中心に活躍するショアアングラー、馬場拓也がDB UMA KASUMIに求めたのは、生命感あふれる微波動とシルエットから生まれるリアル感でした。

 

シラウオパターンの威力を知らしめた名作ソフトベイト”シザーコーム”の設けられたシザーアームの効果を徹底検証し、2対のシザーアームが発生させるナチュラルな微波動とバランスの最適化を実現。また、細身のボディと縦方向にセットされたリーチテールにより、ローリングと微波動をボディからテールの先端まで伝えて存在をアピールします。